アデニウムの育て方

アデニウムの育て方  (一般的な管理をお知らせします。)

●日当たり・置き場所
 4月~10月までは日当たりと風通しの良い外で管理しましょう。
 雨の当たらない場所に置きます。
 冬は室内に入れて、窓辺の日光が当たる場所に置きましょう。
 8℃を切ると落葉して休眠にはいります。最低5℃以上を保ちます。
 冬越しが栽培上の大きなポイントとなります。
 
●水やり・肥料
 5月~9月までは土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。
 寒くなっていくにつれて水やりの回数を減らし、1月~2月は完全に水やりをストップしましょう。
 もともとそれほど肥料を必要とする植物ではないのでたくさん与える必要はありません。
 生長最盛期の6~8月に緩効性肥料を株元に置いてやるか、液体肥料を月1回程度与える程度で結 構です。

●用土
 水はけのよい用土を用います。
 赤玉土中粒3、鹿沼土中粒3、腐葉土4の配合土などがよいでしょう。
 市販のサボテン・多肉植物用でも構いません。

●植え替え・植え付け
 鉢が根の中でいっぱいになると水をあまり吸わなくなり生育が衰えるため
 2年に1回は植え替えが必要です。
 適期は4月~8月いっぱいまでです。
  
●かかりやすい病害虫
 軟腐病
 過湿や低温が原因になります。梅雨どきには水やりを控えます。冬場の低温にも注意します。

 害虫:ハダニ、アブラムシ
 ハダニは、高温乾燥時に発生しやすいので、見つけしだい駆除します。アブラムシは、蕾につきや すいので見つけしだい駆除します。

●種から育てる場合は
土に植える前に数時間水につけて置くと
発芽率が上がります。発芽するまでは1~2週間程度でしょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿