2013/03/29

実生初花入手の最後のチャンスです


デンドロビュームの実生初花の販売を本日再開しました。

通常、実生を販売するのは2月頃ですが、遅れて咲いてきた実生初花を数量限定、期間限定で販売再開します。
しかも、販売価格も下げて通常よりもお求めやすい価格となっています。






5株セットの組み合わせの一例





 【趣味家必見!!】研究用保存株の特別販売
http://item.rakuten.co.jp/dendro/c/0000000146/



山本デンドロビューム園では優良新品種の育成のために毎年数百組みの交配を重ね、最新品種を生み出します。今年開花した実生初花の一部を特別に数量限定で花付きの状態で販売いたします。
世界で一株だけあなただけのオリジナル品種を育ててみませんか? 通常は一般に流通することのない貴重なデンドロビュームです。
この世に1株しか存在しない、オリジナルそのものの新品種です。






5株セットの組み合わせの一例


※実生初花とは?
異なる品種の親同士を交配させて種子を取った後、初めて開花した花の事です。
初花を見るまでは約5年の歳月が必要です。
同じ親からであってもさまざまな色彩の花が開花します。
つまり、その一つ一つは世界で唯一の購入者のみのオリジナル株です。



すべての個体がオリジナルなので名前をつけて大切に育ててください。


※交配名につきまして
実生初花のためまだ交配名が登録されていません。
皆様のもとでは、デンドロビューム未登録品種  ‘個体名’としてお楽しみください。

たとえば、コメットキング‘アカツキ’で説明しますと ‘アカツキ’の‘ ’の中の部分をご自身で自由にお付けいただいて結構です。

※開花中の繁忙期 につきまして交配親の問合せにつきましてはご容赦願います。※


期間、数量が限られますので、お早めにご注文ください。


2013/03/28

ウスネオイデスを育ててみませんか?

いつもたくさんのお問合せをいただくウスネオイデス(スパニッシュモス)です。

寒い冬の間は輸送中の寒さによる痛みを考慮して販売を控えていましたが、気温も高くなり、そろそろ販売できそうなのでこちらでもご案内させて頂きます。


http://item.rakuten.co.jp/dendro/418910/






吊るしていたものを少し集めてみました。




今回はなるべく多くの方にお譲りしたいので、お一人様1個に限定して販売したします。
弊社はウスネオイデスを仕入れ販売しているわけではなく、あくまでも余剰が出た時のみ、ご奉仕価格で販売させていただいているため、売り切れの際はどうかご理解ください。

春には可愛い花も咲いてきます。
この機会によろしければ ウスネオイデス(スパニッシュモス)を育ててみませんか?

育て方はこちらを参照下さい。

ウスネオイデスの管理

 

 


2013/03/27

美しく咲かせてやりましょう

間もなく3月も終わりになります。
そろそろ一般家庭での無加温栽培の場合でも、デンドロビュームが沢山開花してくる頃だと思います。
お部屋の温度が比較的高いマンションに住まいの場合など、2月頃には既に開花していると言う話もよく聞きます。

でもカタログと同じ花色、大きさで咲いていますか?
デンドロビュームは置き場所、環境によって花色、花の大きさにも差が出ます。

下の写真はオリエンタルスマイル ‘ファンタジー’
低温でゆっくりと咲かせた結果、色に深みが増し、光沢を帯びてまるで蝋細工のような独特の質感で咲きました。
肉厚で光沢ある花弁はプラスチックで出来た造花のようでもあります。


Den.Oriental Smile 'Fantasy' AD/AOS

日中の気温が高くなるこの時期は、窓辺の強光線や高温による蕾への影響にも注意が必要です。この時期に蕾が黄色く変色して落ちてしまうのも高温、乾燥が原因である事が多いです。早く咲かせようと無理をした結果、本来の花色や花の大きさを楽しむことが出来ないこともあります。

オリエンタルスマイル ‘ファンタジー’などオレンジ系統のデンドロビューム元々、開花直後から色に変化のある品種ですが、余程,良い条件で咲かせないと、 本来の花色まで出すことは難しいと思います。

Den.Oriental Smile 'Fantasy' AD/AOS

高い温度で急いで咲かせて しまうと下の写真の真ん中辺りの黄色っぽい花弁のままで満開を迎えてしまいます

Den.Oriental Smile 'Fantasy' AD/AOS

心当たりのある方は以下の2つのリンクを参考に美しい花を咲かせてやりましょう。

開花時の環境に注意します

鮮やかな発色のためには



2013/03/22

商品情報(2013/03/22)

山本デンドロビューム園鉢物shopから商品案内です。
数量限定になりますが、趣味家の方向けに特別価格で開花鉢、花芽、つぼみ付きのデンドロビュームの苗をご提供しています。

まだお持ちでない品種がございましたら、この機会にご利用ください。



Den.Fancy Glow 'Pink Cloud'
ファンシーグロー‘ピンククラウド’


研究温室整理のため4月30日までの保存株の特別販売。
通常の苗価格で4.5号陶器鉢植え。花芽、つぼみ付きでお届けします。
在庫がなくなり次第終了します。 


Den.Fancy Glow 'Pink Cloud'


Den.Fancy Glow 'Pink Cloud'


【研究用保存株】Den.‘Peach Pie’  ‘ピーチパイ’
研究温室整理のため特別販売です。しかも現在開花中のため期間限定です。

Den‘Peach Pie’

Den‘Peach Pie’


以上、よろしくお願いします。
お問い合せは info@dendrobium.net  まで。



2013/03/19

スプリングウィスパー ‘チャット’

Den.Spring Whisper 'Chat'

(Den.Holy Night  x Den.Mild Yumi) 2005年 J.Yamamoto RHS登録

スプリングウィスパー ‘チャット’



Den.Spring Whisper 'Chat'

非常に花つきの良い爪紅咲きの新発売品種。弁先に鮮紫ピンクをくっきりと彩る中輪花。ホリーナイト‘ユメジ’ に改良を加え、花付きをさらに良くしました。
株元から整然と着花します。



東京ドーム蘭展2005の個別審査でブロンズメダル入賞花。

Den.Spring Whisper 'Chat'


スプリングウィスパー ‘チャット’に興味をお持ちの方はこちらをご覧ください。

http://item.rakuten.co.jp/dendro/10000734/



2013/03/15

突然変異個体

シルキーホワイト‘ユキコ’の突然変異個体です。




本来純白であるべき花弁の周囲に濃鮮紅紫の爪班が入り、左右の2枚のペタルの中央部分にまるでリップを思わせる模様が入ります。いわゆるペタルの唇弁化が起こっています。




オリジナル個体であるシルキーホワイト‘ユキコ’は他にも同様の花弁(ペタル)の舌弁(リップ)化を見せてくれます。


シルキーホワイト‘ユキコ’


 以前このブログでも紹介したことがあるDen.Silky White 'Egao'がその1つです。
Den.Silky White 'Egao'
http://yamamotodendrobiums.blogspot.jp/2011/04/densilky-white-egao.html

Den.Silky White 'Egao'

営利的鉢物には向かないと思いますが、これはこれでありかなと思わせる花です。趣味で持つには楽しいかもしれません。


機会があればこれらの苗の販売もしてみたいと思います。



2013/03/08

フェアリームーン ‘アルテミス’

Den.Fairy Moon 'Artemis'

(Den.Cygnus x Den.Fancy Girl) 2010年 J.Yamamoto RHS登録

フェアリームーン ‘アルテミス’ 


Den.Fairy Moon 'Artemis'


新バルブに着花可能な営利栽培向けの黄色系大輪最新品種。
品種登録の関係から農水省への登録名称は別のものになる予定です。

Den.Fairy Moon 'Artemis'


昨年から試験栽培を繰り返しています。1月後半から開花可能です。
肥培管理により年末開花の可能性を探っています。

Den.Fairy Moon 'Artemis'

お問い合せは info@dendrobium.net  まで。



2013/03/06

バイオレットヤマジ ‘コンベックス’

Den.Violet Yamaji 'Convex'
バイオレットヤマジ ‘コンベックス’

ニューギニア原産のスペクタビレの系統とデンファレの特殊な交配種です。



花持ちがとても長いのも特徴です。



随分昔にハワイから弊園に取り寄せた苗の中から選抜した個体です。
大株に仕立てたものがコンベックス岡山の蘭展で銅賞を貰ったこともあります。





バイオレットヤマジ ‘コンベックス’に興味のある方はこちらもどうぞ
http://item.rakuten.co.jp/dendro/10000733/


2013/03/04

シノノメ‘No.7’

Den.Shinonome 'No.7'

(Den.Aurora Heart  x Den.Orion) 1975年 J.Yamamoto RHS登録

シノノメ‘No.7’






35年前のカタログから紹介します。

弁先は濃い紅紫で、中心に向かってクリーム色を帯び、リップには赤褐色の小班、およびその側に濃い黄色が広く入る。花梗が太く丈夫で、やや受け咲き気味に極大輪花を咲かせる。花つきの良い人気品種の1つである。
(品種説明は1980年発行の趣味家カタログより)




シノノメ‘No.7’に興味をお持ちの方はこちらをご覧ください。

http://item.rakuten.co.jp/dendro/10000732/


2013/03/01

3月になりました

3月になりました。
昨年の投稿の再掲です。

次第に日中の気温も上がり、冬の管理から徐々に春の管理に切り替えていく時期ですが、暖かくなったとはいえ、時折訪れる寒気に注意して、突然水やりを増やして根を痛めて、花芽やつぼみをダメにしてしまわないよう、気を抜かず栽培管理に取り組みましょう。

これまで寒さに耐え忍んできたご自宅のデンドロビュームのバルブには沢山の花芽が膨らむ頃ではないでしょうか。






置き場所、地域など育てる環境による生育の差が出るのもこの時期です。
夜温が高めの室内で管理している場合等は、開花間近の株もあることでしょう。
このくらいの大きさになれば開花はあっと言う間です。




夜温が低かった場合は、やっと花芽と認識できる程度の大きさの場合もありますが、3月はこれまでと違い、つぼみの生長もグンと進みます。




そして株元にも変化が・・・
既に、新芽が顔を覗かせていることもあります。




3月の詳しい管理はコチラを参考にしてください。

デンドロビュームの3月の管理 
http://yamamotodendrobiums.blogspot.jp/2011/03/3.html 



花芽、つぼみの膨らみ具合は様々でも基本的な栽培の注意点は同じです。ご自宅でのデンドロビューム栽培のためにぜひ参考にしてください。