2011/05/28

ハワイから苗が到着

本日28日、ハワイ農場から来年の歳暮贈答用にに開花させる自家用の苗が到着。



今年はあいにくの梅雨ですが、例年気候のよいこの時期は苗の導入に最適なシーズンです。




ハワイ島ヒロ空港からホノルル経由で関空へ到着した苗は4日以上の長旅にもかかわらず、痛みもなくしっかりした様子。



この箱ひとつに700から800本ほど入っています。
茎葉もしっかりとして艶のある苗です。






この苗が来年の歳暮用鉢物として活躍してくれるのです。


ちなみに昨年の同時期に輸入した苗の様子はというと、
現在、このようにしっかりとした開花株に育っています。



6月中には6.5号サイズ以上の鉢に寄せ植えされて立派な鉢に仕立てられていきます。




このように育苗生産に特化したハワイ農場では、いつでも健全な苗の大量供給が可能となっています。

種苗の自家生産による「コストの節減」もーつの方法ではありますが、デンドロビュームの種苗の生産にかかる労働力の削減をすることで、この手間と時間を「新たな生産性のある、さらに言えば収益性の高いこと」に振り向けてみられては如何でしょうか。

デンドロビューム生産者の皆様には是非、山本デンドロビューム園タイ農場と併せてデンドロビュームの苗の供給基地として十二分に活用していただければと思います。




0 件のコメント:

コメントを投稿