2014/10/28

デンドロビュームの山下げ作業が終了

デンドロビュームの山下げ作業が終わりました。

ハウスの撤去、冬支度はまだ残ってはいますが、今日ですべての植物が山を降ります。




去年に引き続き、台風には随分泣かされました。
10月のあいだ、温室と山の圃場を何度もトラックで往復しましたが、すべての鉢を無事に持ち帰ることが出来て一安心です。







山はもう冬の始まりです。今朝の気温は0度近くまで下がっていました。

左は現在の気温と湿度、右の青い棒で最低温度が確認できます



 岡山に戻ったトラックの扉を開けるとひんやりと冷たい空気が伝わってきます。
 キンキンに冷えたデンドロビュームと共に、山の冷気までいっしょに運ばれて来たようです。




こうして温室に持ち帰ったデンドロビュームの鉢は年内の開花に向けて、温度管理され、ギフト用の鉢物として出荷されて行きます。



そして、温室を見回すと、今年一番に山下げしたデンドロビュームが既に大きな蕾を着けているではありませんか。
 11月に入るとすぐに咲いてしまうのではないでしょうか。
最初の山下げの9月26日から数えると、約40日での開花となりそうです。







私達にとって、一年の中で最も忙しい時期がもうすぐやって来ます。



0 件のコメント:

コメントを投稿