2012/01/25

天候に大きく左右されます

今日も寒い一日でした。
山本デンドロビューム園の位置する岡山県南では昼から突然雪が降り始め、一時は地面が真っ白くなり、積もるのではと一瞬不安になるほどでした。



これから2月上旬にかけての寒波の影響で、天候も不順になり、デンドロビュームの開花を遅らせてしまうことになりそうです。

現在開花温室ではデンドロビュームの開花のために、温室内の温度管理は日中が28度、夜温が18度で管理されています。
しかし、いくら温度設定しているとはいえ、外気温が極端に低いこの時期はハウス内の温度はなかなか保つことができません。1日中ボイラーがフル回転でも温度は下がる一方です。

開花に要する日数は温度だけでなく天候にも大きく左右されます。
天候不順で光線が足りないときは、開花が遅れるなどの影響もあります。

時期的にラン展やイベント関係の納品がかなり多いため、開花調整にはとにかく苦労するのです。



写真の白花はシーマリー‘スノーキング’。
良い感じの開き具合です。実はこの棚全てが一件分のご注文です。
温室の端までは30メートル以上あります。

 これが明日にはすべて出荷されていきます。








こちらはイエローソング‘キャンディ’
まだ本来の黄色は出ていませんが、すぐに色づくでしょう。
やはりこちらも明日の納品です。






同じく、こちらはファンシーエンジェル‘リセ’
棚の上に青いケースと板でさらに棚を組んでいます。
植物が多すぎて棚の上に収まらないため、急遽2階建て仕様に。
開花の方も蕾がほんのりピンクに色付いて、少し花開いた感じで上手くいったようです。





このようにラン展やイベントの即売、展示に数多くのデンドロビュームをご利用いただいています。
すべてご依頼のお客様の用途、ご希望に合わせて、開花させています。



お問い合わせはお気軽にどうぞ。
info@dendrobium.net




0 件のコメント:

コメントを投稿