2012/12/04

試験栽培の結果は良好

低温処理が不要な品種といえばスプリングドリームやヒメザクラの系統が思い浮かびますが、最近の改良されたデンドロビュームは4倍体の系統であっても花芽分化に低温処理が必要ないと言って良いほどの花つきです。


上の写真の苗はまったく低温処理を施していません。
最近の改良された品種では成熟したバルブに花芽がつくことはそれほど珍しくありませんが、これほどまでの揃いの良い、そして株元近くまでの見事な花つきは改良選抜を重ねた成果といえるでしょう。


試験栽培の結果は非常に良好です。 
年末ギフトの主力品種として期待されます。



山本デンドロビューム園では国内外に向けて最新のデンドロビュームをお届けしています。 


 

0 件のコメント:

コメントを投稿