2013/01/29

Dendrobium harveyanum ハーベヤナム

温室で咲いたデンドロビュームの原種を紹介します。

Dendrobium harveyanum
ハーベヤナム


Dendrobium harveyanum

ベトナム、タイ、ミャンマーを原産とする黄色のデンドロビューム。
花弁周辺(リップとペタル)に 毛状の細裂が入、特長ある花をつけます。


Dendrobium harveyanum

Dendrobium harveyanum

花径は3cm前後の小さなものですが、黄色のファーをまとったようでとっても可愛いですね。 


 

2013/01/28

あなただけのオリジナル株になります

山本デンドロビューム園鉢物shopでは今年開花した実生初花の一部を特別に数量限定で販売しています。


 【趣味家必見!!】研究用保存株の特別販売
http://item.rakuten.co.jp/dendro/c/0000000146/


一般には流通することのない貴重なデンドロビュームです。
それはこの世に1株しか存在しない、あなただけのオリジナル株となります。 












実生を販売するのは一年のうちこの時期だけです。
期間限定なのでお忘れなく。


2013/01/27

全国農業新聞1月25日号より(最終回)

全国農業新聞1月25日号より。
「農人伝」の連載7回目、最終回です。

デンドロビュームは今や園芸作物として花き産業の中で立派な地位を築いています。これは山本二郎によってデンドロビュームを園芸作物として確立すべく、高い育種目標と妥協なき厳しい品種選抜で商品性を追求してきた結果といえるでしょう。

昨今、交配や組織培養が手軽に行えることから、巷には様々なデンドロビュームが溢れています。しかし、山本二郎が育種を志した時代には今のように優秀な遺伝子を持った素材となるデンドロビュームはありませんでした。
まさに無からの創造であり、10年、20年先の交配目標に向けて何世代も交配を繰り返す努力の積み重ねでした。





最後までお読みくださってありがとうございます。
日本農業新聞は、日本で唯一の農業専門の日刊紙です。
http://www.nca.or.jp/shinbun/index.php


こちらも合わせてお読みください。
育種家山本二郎のあゆみ
http://www.dendrobium.net/company/company-YamamotoJiro.html





2013/01/26

「品種名鑑 洋ラン」2013早春号掲載のおしらせ

 サカタのタネさんの通販カタログ、「品種名鑑 洋ラン」2013早春号において弊社のデンドロビュームが掲載されています。

お持ちの方はぜひご覧になってください。





まだ、山本デンドロビューム園の苗を育てたことのない方は、 この機会にデンドロ栽培をスタートしてみられてはいかがでしょうか。 
特別なセット価格も設定されていて、他の草花の苗と一緒に購入すれば送料もかなりお得ですね。
今回は初心者向けの苗のセットに今季新発売の品種も含まれていますので、要チェックです。







サカタさんのオンラインショップ会員の方はこちらで直接購入できるようです。

http://sakata-netshop.com/shop/item_list?category_id=562


2013/01/24

実生初花の販売を本日より開始しました

お待たせしました。

デンドロビュームの実生初花の販売を本日より開始しました。

実生を販売するのは一年のうちこの時期だけです。







【趣味家必見!!】研究用保存株の特別販売
http://item.rakuten.co.jp/dendro/c/0000000146/



山本デンドロビューム園では優良新品種の育成のために毎年数百組みの交配を重ね、最新品種を生み出します。今年開花した実生初花の一部を特別に数量限定で花付きの状態で販売いたします。
世界で一株だけあなただけのオリジナル品種を育ててみませんか? 通常は一般に流通することのない貴重なデンドロビュームです。
この世に1株しか存在しない、オリジナルそのものの新品種です。




組み合わせの一例



※実生初花とは?
異なる品種の親同士を交配させて種子を取った後、初めて開花した花の事です。
初花を見るまでは約5年の歳月が必要です。
同じ親からであってもさまざまな色彩の花が開花します。
つまり、その一つ一つは世界で唯一の購入者のみのオリジナル株です。




すべての個体がオリジナルなので名前をつけて大切に育ててください。


※交配名につきまして
実生初花のためまだ交配名が登録されていません。
皆様のもとでは、デンドロビューム未登録品種  ‘個体名’としてお楽しみください。

たとえば、コメットキング‘アカツキ’で説明しますと ‘アカツキ’の‘ ’の中の部分をご自身で自由にお付けいただいて結構です。

※開花中の繁忙期 につきまして交配親の問合せにつきましてはご容赦願います。※


期間、数量が限られますので、お早めにご注文ください。




開花温室から

開花温室ではデンドロビュームの鉢物が次第に開花してきました。

それに伴い、蘭展や各種イベントにデンドロビュームの問い合わせも多くなっています。











市場向けのデンドロビュームの鉢物も本格的に出荷が始まります。
2.5号の小さなサイズから、8号、9号、10号サイズの大鉢まで各種揃っています。
 

これから春までは途切れることなく咲き続けます。

皆様よろしくお願いいたします。


2013/01/21

実生初花の開花する季節になりました

今年も咲き始めました。
実生初花の開花する季節です。



これらのデンドロビュームは5年前に品種改良のために交配され、結実、播種、そして苗として生育した後にやっと開花したものです。



洋ランは種から育てるととてつもなく時間がかかります。
それぞれがオリジナルの世界にたった1つだけの花です。






開花までの苦労が報われる瞬間でもあります。
開花の具合もまだまだ7割程度ですが、素敵なデンドロビュームが今年も咲いてくれることでしょう。



2013/01/20

全国農業新聞1月18日号より。


全国農業新聞1月18日号より。
「農人伝」の連載6回目です。

山本デンドロビューム園の創業者山本二郎(現会長)が自らノビル系デンドロビュームのメリクロン生産を研究、クローン苗の生産に成功。
大量生産の基盤を確立。「高価なランを庶民の花にする。」という目標に大きく近づきました。





全7回の連載予定です。
日本農業新聞は、日本で唯一の農業専門の日刊紙です。
http://www.nca.or.jp/shinbun/index.php


こちらも合わせてお読みください。
育種家山本二郎のあゆみ
http://www.dendrobium.net/company/company-YamamotoJiro.html






2013/01/19

商品情報(2013/01/19)

現在、山本デンドロビューム園鉢物shopでは数量限定になりますが、新年特別セールとして特別価格でデンドロビュームの苗をご提供しています。新品種の導入により、登録の古い品種につきましては次第に通常生産を取りやめるものもあるため、在庫一掃セールも兼ねています。


まだお持ちでない品種がございましたら、この機会にご利用ください。
1月31日までこの価格で販売しております。


また、この先も追加で値下げ販売する品種もございます。31日までは時々チェックしてみて下さい。


Den.Lucky Chance‘Sunday’
ラッキーチャンス‘サンデー’
 
http://item.rakuten.co.jp/dendro/10000468/


ラッキーチャンス‘サンデー’




Den.Honey Smile‘Papyon'
ハニースマイル‘パピヨン’
http://item.rakuten.co.jp/dendro/1552755/




ハニースマイル‘パピヨン’



Den.Angel Moon 'Love Letter' エンジェルムーン ‘ラブレターhttp://item.rakuten.co.jp/dendro/10000712/



エンジェルムーン ‘ラブレター

他にもまだまだございます。ゆっくりとご覧になり、お買い物いただければと思います。




こちらまだまだ在庫はございます。

通常2.5号ポットでの納品のところをサービスで、4.0号陶器鉢での納品です。

 【研究用保存株】 Den.Spring Bird‘Angel Kiss’ スプリングバード‘エンジェルキッス’

価格はそのままで、しかも現在、つぼみ、花芽が沢山ついています。




花見本はこちら









以上、よろしくお願いします。
お問い合せは info@dendrobium.net  まで。







2013/01/16

展示用デンドロビューム

世界らん展の主催者展示用にデンドロビュームの鉢物の依頼を受けたことは先日ここで書きました。




世界らん展の主催者展示用のデンドロビュームの具体的な要望を伺ったので、ご要望に応えられるよう可能な限り、品種、色彩を揃えます。



大きなサイズの鉢を含めて100鉢近くありますから、あとひと月後にすべてを確実に開花調整させることは結構難しいも のです。








天候にも大きく影響されると思いますが、万一に備えて代替品を二重、三重に準備して臨みたいと思います。




2013/01/13

全国農業新聞1月11日号より

全国農業新聞1月11日号より。
「農人伝」の連載5回目です。

山本デンドロビューム園の創業者山本二郎(現会長)がハワイに農場を建設。縁もゆかりもないハワイの地へ進出した経緯、そしてタイ農場建設によって世界規模でのデンドロビュームの生産をスタートしました。






全7回の連載予定です。
日本農業新聞は、日本で唯一の農業専門の日刊紙です。
http://www.nca.or.jp/shinbun/index.php




こちらも合わせてお読みください。
育種家山本二郎のあゆみ

http://www.dendrobium.net/company/company-YamamotoJiro.html
 

2013/01/11

ギフト販売を再開しました

本日より山本デンドロビューム園鉢物shopではギフトの販売を再開しました。







http://item.rakuten.co.jp/dendro/c/0000000183/




品種をお選びいただけない事を大変申し訳なく思いますが、最高品質のデンドロビュームを用意してお待ちしております。



東京ドームで開催される世界らん展

今年も東京ドームの世界らん展の主催者展示用にデンドロビュームの鉢物依頼が来ましたので準備をしたいと思います。





残念ながら山本デンドロビューム園としては世界らん展へは出展しません。
大変申し訳ございません。

開催まであとひと月ほどです。お近くの方、らんの好きな方是非、行ってみてください。
2月16日から東京ドームでやってます。

世界らん展日本大賞2013 http://www.jgpweb.com/
Japan Grand Prix・蘭・International Orchid Festival 2013
2013年2月16日(土)~2月24日(日) 一般公開=9日間
公開時間:午前10時00分~午後5時30分(入場は午後4時30分まで)




また、東京ドーム蘭展の前にはフラワーマルシェ http://www.flowermarche.com/という花のイベントが愛知県で開催されます。
洋らん業者様も多数出店されると伺っています。お花が好きな方、らん好きの方はどうぞお出かけ下さい。


どちらのイベントも大勢のお客様で賑わうことを願っています。


2013/01/10

通信販売のおしらせ

既にたくさんの方にご利用いただいておりますが、現在、山本デンドロビューム園鉢物shop (http://www.rakuten.co.jp/dendro/)では数量限定になりますが特別価格でデンドロビュームの苗をご提供しています。

新品種の導入により、登録の古い品種につきましては次第に通常生産を取りやめるものもあるため、在庫一掃セールも兼ねています。
まだお持ちでない品種がございましたら、この機会にご利用ください。
1月31日までこの価格で販売しております。また、期間中追加値下げする品種もあるかも知れませんので、ゆっくりとご覧になり、お買い物いただければと思います。
この特価販売につきましては数量を限定しておりますため、楽天を通じての販売にのみに限らせていただきます。メール、FAXでの対応は不可でございます。
皆様にはたいへんご迷惑をお掛けしますが、何卒ご容赦願います。

補温対策ばっちりでお届けします


 
また、山本デンドロビューム園鉢物shopではFacebookページを運営中です。あわせてチェックしてくださいますようお願いいたします。

公式Facebookページはこちら

山本デンドロビューム園鉢物shop公式Facrbookページ
コチラの公式Facebookページでは山本デンドロビューム園鉢物shop」のすべての商品が検索可能で商品ページへ直接リンクされていますので、お買い物には大変便利です。


現在、新年プレゼント企画開催中です。

懸賞応募ページはこちら
可愛いデンドロビューム スプリングバード ‘倉敷’ が3名様に当たります!





https://present.crocos.jp/33972 ←応募ページです。

応募期間     2012/12/31 00:00 〜 2013/01/20 23:30


是非この懸賞を友達にシェアしてください。
あなた経由で応募が3人以上あれば当選確率2倍になるそうです!
 
どしどしご応募ください!

マンゴーの花が咲いています

政津農場の温室の片隅に植えてあるマンゴーの木に花が咲き、満開になったので写真を撮ってきました。

房のように咲いていますが、約5ミリほどの小さな花の集合体です。




香りはマンゴーの果実のような甘い香りではなく、良い匂いとは言いがたいものです。
この匂いで昆虫を引き寄せ受粉していると思われます。
マンゴーは雄花と両性花が混在しており、自家結実性のため、一本の木で結実することが可能です。





この温室にはたった一本の木だけですが、夏にはパートさんが楽しめるだけのささやかな収穫があります。


2013/01/08

YouTubeに動画を追加しました

久しぶりにYouTubeに動画を追加しました。


Yamamoto Dendrobiums@YouTube
http://www.youtube.com/YamamotoDendrobiums



今回撮影したのはこちらのデンドロビュームの開花の様子です。
Den.Fancy Heart 'Jolie'

30分おきにインターバル撮影してみました。まだ蕾の硬いうちか撮影開始しましたので、蕾が膨らみ花径を伸ばす様子も確認出来ます。夜間の画像はカットしています。
満開までは10日間かかりました。

どうぞご覧ください。







Yamamoto Dendrobiums@YouTube
http://www.youtube.com/YamamotoDendrobiums

宜しくお願い致します。

RHSの登録結果(登録日2012/12/28)

7品種がサンダース・リストに登録されました。

登録日は2012/12/28
RHSのページには既に反映されています。

The International Orchid Register

http://apps.rhs.org.uk/horticulturaldatabase/orchidregister/

ここで登録される品種名は基礎交配部分の登録が多いので皆様がその花を目にすることはないかも知れません。 
しかし、育種をする上では重要な部分であり、怠ることの出来ない重要な作業になります。








NAME                 PARENTAGE
Fancy Heart    Den. Fancy Cloud x Den. Angel Moon

Glory Days    Den. Ballade x Den. Sweet Smile

Good Luck    Den. Cygnus x Den. Harmony Queen

Lady Moon    Den. Swannie x Den. Bellissima

Passion Red    Den. Red Emperor x Den. Upin King

White Memory    Den. Pink Rabbit x Den. Sweet Pinky

White Romance    Den. Angel Love x Den. Candy Smile



以上、ご報告でした。


2013/01/06

タイ出張中の出来事です

先日のタイ出張中の出来事です。

山本デンドロビューム園のタイ農場の向かいに孤児院があります。

かつて現会長である山本二郎がチェンマイに頻繁に通っていた頃は、その孤児院も貧しく、時々、食料を差し入れをしたりしていたのですが、その後運営するアメリカ人の努力により、国際的な支援が集まるようになり、最近は運営も非常に安定していました。


ところがクリスマス前に社長がチェンマイ滞在中のこと、
チェンマイ市内から農場に戻ってくると、朝までどうもなかった子供達の宿舎である建物が火災で丸焼けになっていました。




 
 
火災が起きたのは日中のことで、死傷者が出なかったのが幸いでした。

おそらく、支援体制が確立していると思われるので、建物なども間もなく復旧すると思いますが、
電線も焼け落ちたということで、とりあえずうちの農場から電気を供給するとともに、クリスマス前ということで、100人近くいる子供達の気持ちを少しでも元気にできたらと、社長とスタッフがお菓子を届けてきました。

 
 
 
年長組は教会で礼拝中でしたが、残っていた子供達が受け取ってくれました。
 
子供達の無邪気な笑顔が印象的でした。
 
 
 

2013/01/05

寒さの厳しい季節です

きょうは24節気の一つ、小寒です。 
これから節分までは1年で一番寒さの厳しい季節。



研究温室もこのとおりつららが出来ています。


このように外はとても寒いのですが、温室の中は別世界です。
加温栽培中のデンドロビュームは、既に新芽を10cm以上も勢い良く伸ばし、とても元気に生育しています。
この新芽が、1年後には歳暮用の大鉢になるなんて想像つきませんね。

今日は特に天気も良く、温かい温室の中で葉も茎もツヤツヤ輝き、早くも次のシーズンに期待が高まります。





一般家庭においてのデンドロビュームの1月の管理についてはこちらの投稿からどうぞ。
デンドロビュームの1月の管理
http://yamamotodendrobiums.blogspot.jp/2011/01/1.html
 それぞれのご自宅により環境は異なりますので、一律に栽培管理を当てはめることは出来ませんが、デンドロビュームの基本的な性質は変わりません。
ご自宅でのデンドロビューム栽培のためにぜひ参考にしてください。


 鉢物の管理方法のリンクはこちらから

デンドロビュームの鉢物の管理方法
http://yamamotodendrobiums.blogspot.jp/2010/12/blog-post_09.html


せっかく手に入れた美しいデンドロビュームです。正しい知識で長持ちさせてください。




 

2013/01/04

明けましておめでとうございます

 




明けましておめでとうございます。

旧年中は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございました。

本年も昨年同様、ご指導ご鞭撻いただけますようお願い申し上げます。


                     株式会社山本デンドロビューム園