2011/06/11

蘭は一生の趣味

山本デンドロビューム園は創業当時から趣味家向けの通信販売を行っています。
今でこそインターネットを通じての注文販売が大半を占める状況ですが、かつてはカタログでの通信販売が中心でした。


1968年のカタログ(A5サイズの小さなカタログ)


今でも当時からのお得意様がお手紙でのご注文をくださいます。
1980年までは冊子のカタログを発行していましたが現在はパソコンからプリントアウトした簡易的なものになっています。それでも定期的に更新されるカタログを心待ちにしてくださる方が大勢いらっしゃって、作成は手間はかかりますが励みにもなります。

しかも届く手紙からは最近の受注メールからは感じることの出来ない蘭への情熱が伝わってくるのです。

先程まで注文書の整理をしていたのですが、なかなかどの手紙も気持ちがこもっていて、整理というか結局、読んで感激しただけでした。

みなさま本当に達筆でらっしゃいます


注文用紙以外に便箋にたっぷりとデンドロビュームへの思いを書き綴ってくださる方がおおくいらっしゃいます。

注文内容よりも大半が栽培の近況や好きな品種を延々とを書いて下さっています。





決して栽培歴が長ければ良いという意味ではありませんが。みなさん誇らしげに洋蘭歴を披露されています。








この下の写真の方、今のところ現役のお客様で一番のベテランの方ですが、毎年注文をしてくださり、その都度、洋蘭歴が1年づつ増えて行くのでなぜか安心します。

この方が注文をくださるとホッとします



 これなどは、うれしくて泣けてきます。ありがとうございます。もはや格言になっています。

「デンドロに始まりデンドロに終わる」








こうしてみると蘭は一生付き合っていくものだなと感じさせてくれます。







蘭栽培は大きなお庭がなくても、ちょっとしたスペースで手軽に始められます。
うまく付き合えばその株とは一生の付き合いになります。
一歩手前で迷われている方も是非はじめてみてはいかがでしょう。



0 件のコメント:

コメントを投稿