2013/02/14

試験栽培中

試験栽培中のデンドロビュームです。
実生とは違い、ある程度増殖されて、既に鉢物の試作段階です。


花弁のウェーブが大変豪華で美しい花です。
手にとって見るとその大きさが良くわかります。




鉢物品種として商品化するためには試験栽培を何度も繰り返し行います。
花が大きいとか、花色、花型が良いだけでは趣味家向けには適していますが、営利鉢物品種としては合格点は付けられません。
花保ちの良い美しい品種であることはもちろんですが、作り手の立場から栽培容易であることが一番です。また、花つきの良いこと、促成栽培が可能であるかどうか、耐病性など園芸作物として安定して栽培、収益があげられることが求められます。


ウェーブキング ‘アケボノ’と並べてみました。
大輪花であるウェーブキング ‘アケボノ’がとても小さな花に見えますね。


皆さんが実物を目にするのはまだまだ先のことですが、このように、山本デンドロビューム園ではこれまで以上に素晴らしいデンドロビュームが続々と開花中なのです。



0 件のコメント:

コメントを投稿