2011/06/27

支柱で支えてやりましょう

デンドロビュームの茎(バルブ)は下部が細く上の部分が肥大するので、大きく伸びてくると自立するのは次第に難しくなってきます。



茎の重さで前方に傾いています


下垂性の品種やセッコク系統の小型品種は別にして、一般的なノビル系交配種は倒れたままにしておくと茎(バルブ)が湾曲し開花時に見栄えに影響があり、場合によっては折れてしまう心配があります。加えて、葉の表面に光線が当たりにくく、茎の充実にも影響があります。
そのような茎には支柱を立ててやる必要があります。



そこで、今回は支柱の立て方について投稿します。
案外簡単に思える支柱立てですが注意点も幾つかありますので、写真と共に説明したいと思います



まず支柱を挿す位置です。

株元のすぐそばは避けてやります。これは根元付近に太い根が集中しているため。それを切ってしまうと、そこから先に伸びている枝分かれしたすべての根が死んでしまうからです。デンドロビュームにとって根は大変重要です。

また、新芽や孫芽の出る側に立ててしまうと生長のじゃまになるので避けてやります。






次にビニタイの止め方です。
既に充実し、よく太りきった茎(バルブ)の場合は心配ないのですが、生育中の茎に支柱を立てる場合には余裕を持って縛ってやらないと、現状の茎の太さに合わせてしまうと、秋の茎の肥大で、ビニタイが食い込んでしまいます。







あまり細く縛ってしまうと、秋になってこのように茎にビニタイが食い込むことに。





また伸長中の茎にビニタイを止める場合には、支柱に結ぶ位置はこのように葉の上に乗せるのではなく、葉の裏になるべく近くなるようにしてやります。
これは茎が伸びてきて葉がめくれてしまうのを防ぐためです。






ただ丸い輪をつくって繋ぎ止めるのではなく、ビニタイを支柱に一度絡ませてから茎を留めてやると輪の位置が固定されて、生長の妨げにならなくて良いでしょう。。




 また、1箇所留めただけでは弓のように反ってしまう場合は、もう1箇所留めてやります。



まっすぐ、きれいに仕上がりました。



うまくいきましたか?
これでデンドロビュームは株元までしっかりと太陽の光線を浴びることが出来ます。
株元までよく太り、きっと良い生長を見せてくれると思います。

4 件のコメント:

HappyPiper さんのコメント...

ノビル原種2株(クックソニアナムとサー・F・ムーア)を育てていますが、これらにも支柱を立てた方が良いですか?また下垂しないノビル(系)原種は自生地ではどんな姿勢で育つのでしょうか?

HappyPiper さんのコメント...

もう1つ質問です。茎の根元が太く丈夫なので支柱が要らないノビル交配種も育種されているのでしょうか?

dendro さんのコメント...

原種の系統は本来支柱がなくても大丈夫ですので、自然に伸ばしておいても構わないと思います。ただ、支柱を立てて一度育ててみると意外なほど茎が充実することがわかります。以前、パリシーの新芽を支柱で誘導して垂直に伸ばして育てたことがありますが、見事な鉢物になりました。花も正面を向いて咲きました。
また野生の栄養状態とくらべて、栽培されている株は養分が豊富で本来の姿よりもバルブが大きく、長く、太くなっているはずですので場合によっては支柱も必要かもしれません。

今度、原産地での原種の写真を探してブログにアップしますのでしばらくお待ちいただけますか。

dendro さんのコメント...

茎が株元から太くて丈夫な品種、5~60センチほど伸びてもぐらつかない品種ははいくらでも出てきますが、最近の育種のポイントとしては営利品種として生産者が栽培する際に1作、あるいは2作栽培して小鉢デンドロビュームを出荷する際に支柱を立てる必要のない(手間が省ける)しっかりとした株立ちの品種を開発しようとします。
趣味向けというよりは、農家の栽培コストを軽減する方向性ですので、質問されているのとは少し方向性が違うかもしれません。

コメントを投稿