2012/08/01

葉水の効果と注意点

真夏に植物の温度を下げる効果を期待して、葉水(シリンジ)の行う場合もあるでしょう。
うまく行えば猛暑を凌ぐ方法の一つですが、気をつけたいこともあります。


葉水を行う際はなるべく細かい霧状に散布することです。
細かい霧なら気化熱の効果も期待できます。瞬間的に植物体そのものと、周囲の温度を下げる効果は大きいでしょう。つまり、夏場の葉水は植物体を濡らすことを目的とするのではなく、水が蒸発する際に気化熱をうばう効果により温度を下げることを目的としているのです。





葉水はたくさん掛ければ良いわけではありません。気化しやすいよう細かい水滴のほうが効果的です。
玉のように葉の表面に付くほどやり過ぎると、次のような危険性もあることを認識しておいたほうが良いでしょう。





大量に噴霧した場合、水滴が葉先に溜り、熱せられ高温で煮えたようになり、葉先の柔らかい部分の組織を痛めてしまうのです。




 展開したばかりの葉は溶けたような症状に。ひどい場合は落葉してしまいます。




葉水は頻繁に行うことは難しいと思いますし、その効果はそれほど長時間持続するものではありませんが、うまく栽培に取り入れると猛暑対策としては有効だと思います。


0 件のコメント:

コメントを投稿