2013/10/16

台風26号が通過

大型で強い台風26号が通過しました。

今回は四国沖のかなり離れた場所を通過するからと安心していたところ、朝方、岡山県の津山市に暴風警報が出ていました。広戸風が発生したようです。

広戸風とは岡山県の奈義町から津山盆地にかけて吹く局地風で日本三大局地風の一つです。台風が四国、紀伊半島の南を北東に進む時に、日本海からの北よりの風が中国山地を越えて吹き降ろすことで起きやすいとされています。

山上げ場のある鏡野町はちょうど津山盆地の西北部に位置します。
圃場の様子が心配で状況を確認をするため、岡山市から車で2時間、鏡野町に入ると雨風ともに強くなりました。しかも台風に近いはずの岡山市よりもずっと強い風が吹いています。







現場に着くとビニールは吹き飛び、遮光ネットだけになったハウスでデンドロビュームは雨風にさらされていました。





2ヶ所ある圃場はすべてビニールが飛ばされているため、天候の回復する明日、改めて出直さなければなりません。


10月に入ってからも相次ぐ台風の接近には閉口します。多すぎですね。
植物そのものに大きな被害はないように見えますが、雨風にさらされ続け、おまけに気温も低いため病気の発生が心配です。
年末出荷のデンドロビュームの開花に影響が出ないことを祈るばかりです。





0 件のコメント:

コメントを投稿