2014/05/23

根の伸長が著しい時期です

ひと月前に植え替えしたデンドロビュームは新しい植え込み材料に向かって、ツヤツヤの美しい根が勢い良く伸ばしています。


観察用に透明ポットに植えたのち、黒色ポットを被せて栽培しています





観察用に透明ポットに植えたのち、黒色ポットを被せて栽培しています

デンドロビュームにとって、今はまさに生育最盛期といえますが、私たちプロの生産者はデンドロビューム栽培において、生育の良し悪しを判断する材料として一番に根に注目します。

いくら大きく立派に伸びたバルブを持った株であっても、根が弱っていたり、根の量が極端に少ない状態では決して良い花を咲かせることは出来ません。葉や茎が展開してくるこの時期は根にとっても大事な生育期です。


この時期の水やりで注意すべき点は鉢底から抜けるまでしっかりやることと、それが良く乾いてから次の水やりを行うことです。そうすることで水を求めて新しい根がどんどん伸びていきます。

ついつい大きく伸びるバルブにのみ意識を集中しがちですが、鉢の中にも気配りをして、秋までに鉢の中が真っ白になるほどの根を張らせることを目標にしましょう。

参考にしたい水やりに関するリンクです。





良い花を咲かせようと思えばいかに良い根を張らせるかに尽きます。

「デンドロビュームは根が命」です。



0 件のコメント:

コメントを投稿