2011/02/28

苗の販売が好調です

世界らん展日本大賞2011も27日で閉幕しました。
国内最大のらんのイベントでしたが、この後も愛知でもイベントが開催されますし、洋ラン愛好家の方には目が離せない季節です。

この時期になると皆様、らん展の雰囲気に後押しされるのでしょうか。
らん展に出展しない弊社においても、年が開けてから趣味家の方向けの苗のご注文も増え、販売も好調です。
大手種苗会社様の通販カタログ(弊社も苗を提供しております)でも洋ラン特集が組まれていたりしますので、そちらの関係からの問い合わせも多いようです。

しかし、らん展会場で目で見て、触って選ぶのと違い、通信販売となると、どんな苗が届くのか心配されている方もいると思います。

現在の栽培場の様子、苗の様子をご覧ください。

品種によってサイズも様々


陽を浴び元気に育つ様子


このように、温室で普通に栽培しているデンドロビュームの苗をご注文いただいたのち、栽培場より、一番いい状態のものをから集めてきます。

下の画像は、注文ごとに苗を集めている様子です。
手前のケースの苗すべてが、お一人のお客様からのご注文です。
置き場所に困らないのかなと、こちらが心配するほど、一度にご注文いただくこともありますが、この時期ならそれほど珍しい事ではありません。




黄系、オレンジ系品種であれば、バックバルブの短い茎に2~3リン着花している場合もあります。
今はまだ花がチラホラとありますが、花が終わりに近づくと見栄えも悪く、生育にも影響するため、まもなく取ってしまいます。
そろそろ温室では、花つき株は減っていきます。

わずかですが花を楽しめる品種も




これからの時期は新芽の伸びた苗を中心にお届けすることになります。
品種にもよりますが、既に10センチ以上伸びているものもあります。
また、品種によっては、今の時期、伸びていなくても、年明け以降、定期的に肥料を施していますので心配ありません。

新芽の良いものを優先します



既に温室で施肥も行われていますので、この春からはじめてデンドロ栽培にチャレンジする方にとっては、導入のタイミングとしても苗の状態としても、とっても良い時期てあると思います。



わからないことはお問合せいただければご説明いたします。
メールでどうぞ。
info@dendrobium.net

0 件のコメント:

コメントを投稿