2012/09/30

台風対策

台風17号の影響は29日昼過ぎから徐々に岡山でも見られ始めました。

前回と違って、予想ではかなり本州に接近すると予想されたために、危険と判断し、山上げ場では厳重な台風対策が取られました。
強風で飛ばされる恐れのある遮光ネットを外すと同時に、暴風で植物が転倒したり、葉が擦れて痛むのを少しでも防ぐために防風ネットを張る作業が行われました。


特に鳥取、扇の山は周囲に風を遮るものもなく、台風が通過すれば吹き曝しの状態です。


屋根に掛かった遮光ネットを取り外し、防風ネットを設置するための杭を打ちます。


台風による被害は単純に進路方向だけでは図れません。しかも台風対策は上陸、接近してからでは作業も危険を伴うため、予め備えた作業が重要にになります。

これらの作業はいざ大型の台風が上陸したならば、まったく役に立つものではありませんが、何もせずハウスに遮光ネットを掛けたままであれば暴風により遮光ネットを吹き飛ばされ、破いてしまったり、ハウスごと押しつぶされる大きな損害も考えられます。



進路が大きくそれて、大掛かりな台風対策が無駄になることもありますが、起きてしまってからでは取り返しの付かないことなので、我々は山上げの期間中は台風が近づくごとにこれらの作業に追われるのです。


しかも山上げ用の圃場が3か所に離れて存在するため、作業は簡単ではありません。
順に山上げ場を回って対策を取るうちに空はみるみる雲で覆われました。
そして最後の場所へ着いた時には既に日が沈み、雨こそ降りませんでしたが、真っ暗な中での作業でした。



台風が過ぎれば、被害の確認、再びネットを掛ける 作業があります。
その時まで安心はできないのです。

これから台風の接近を迎える地域の皆様もデンドロビュームを早めに安全な場所に取り込んで、あげてください。強風にさらされた葉や茎が雨に濡れてしまうと、非常に病気を発生しやすい状態になります。




2012/09/28

肌寒い朝でした

今朝の岡山市内は20度を下回る肌寒い朝でした。


戸外で管理するデンドロビュームもそろそろ夜温を気にする必要があります。
既に止め葉も出てバルブの充実が十分に見られる株はそのまま明るい戸外での管理で構わないでしょう。バルブの充実具合の判断はコチラも参照 → 寒さに当てる?室内に取り込む?

下の写真は先端まで十分に充実したデンドロビュームです。
太さ、形状、色が違うのは品種がすべて異なるからです。








一方、バルブの先端が柔らかかったり、止め葉も出ていないような状態の場合は、そろそろ室内に取り込み明るい窓辺で管理することも考えたほうが良いでしょう。

写真は先端部分の充実が不十分なバルブです。
先端部分を指を指で触れば柔らかいことが確認出来ます。



最低気温が15℃前後になるころに慌てて室内に取り込むよりは
早いうちに判断して、僅かな温度差であっても外よりは明るく、気温の高い場所で管理したほうが断然花つきが良くなります。
つまり、生育の遅れている株には夏の延長のような環境を継続して提供してやることで生育をバックアップしてやります。



面倒な作業ですが、こうした作業も花つきを良くする秘訣です。

プレゼントを発送しました

 Facebookページ、「山本デンドロビューム園鉢物shop」 において毎回大好評のプレゼント企画の発送がありました。


予め用意したものではなくて、発送前に農場で一番状態の良い物を改めて選抜しています。



4.0号サイズとは言え、しっかりと先端まで充実しています。あとは咲くだけと言っても良いほどの立派な鉢です。









栽培のポイントも忘れずに梱包します。

栽培が初めての方も結構いらっしゃいます。万一、栽培に困ったときはメールや電話で尋ねていただければ、お答えいたします。










このように 「山本デンドロビューム園鉢物shop」の楽天公式Facebookページではこのようにプレゼントや栽培場の様子、開花中のデンドロビュームの紹介など、楽しい写真や情報が満載です。

 



まだの方、どうぞご参加ください。


2012/09/26

播種から2年後の様子

デンドロビュームの播種から2年経ちました。


前回の投稿では、春までの開花期の忙しい時期を過ぎ、やっと植え込みに取り掛かる事が出来る状況をレポートしました。  参照→ 播種から1年7ヶ月後の様子


実生苗の今の様子はどうでしょうか?
大半がポリ鉢への植え込みを完了し、随分様変わりしたように見えるかも知れません。

しっかりとした苗に見えますね。でも、これは大量にある今年の実生苗のほんの一部、生育の早いごく一部の苗にすぎません。


5月からの約4ヶ月の間、コミュニティポットで生長した実生苗は、大きな苗から順次、コミュニティポットをほぐし、ポリ鉢へ個別に植え込みされていきました。

何度か書きましたが、すべてが実生であるため、全てが異なる品種といってもよく、違う性質を持っています。なかでも生育の差はとても大きいのです。




植え込み作業は簡単ではありません。
数が多いことはもちろんですが、大切な次世代を担う実生苗です。
混入があっては大変です。すべてがダメになります。交配ごとに慎重に確認をしながらの作業で、神経を使います。







ひろげた新聞紙の上は、同じ交配の同じ鞘からとった種の実生苗です。
ほぐしてみるとよく分かりますが、同じ交配からの苗でもバルブ長、節間、葉の大きさ、根の量に既に大きな差が出ています。
この差は肥培管理によるものか、あるいは品種特性によるものかははっきりとは確認できませんが、ここでもまた良苗のみが選抜され、植え込みがなされます。品質の劣る苗は淘汰されます。





今日植え込みした苗は、この投稿の最初に登場した5月に植え込み済みの実生苗の写真と比べると少し頼りない気がしますが、
来春の新芽のスタート時には揃って良い新芽を伸ばしてくれると思います。

開花まではまだまだです。



 

2012/09/24

スゴイ根

栽培場で見かけた根がむき出しの苗です。
ポットが抜けたのでしょうか?


てっきり、ビニールポットから株が抜けてしまっているのかと思いましたが、そうではないようです。



引き上げてみるとこのとおり、スゴイ量の根っこです。






普通の苗と比べてみました。
同じ管理、同じ品種、同じ大きさの苗でどうしてこれほどの根の量の違いが出たのでしょうか。



確実に水を与えられ、水分を多く含んで枯渇する心配のないポットの中に収まった株と、ポットからはみ出して、空気に晒された株との間には根の量に大きな違いが見られます。


苗の移動中に振動でポットと鉢底の間に隙間が出来、偶然にも鉢の中に非常に乾きやすい空洞状態が発生したこと。その結果、水をもらっても、すぐ乾き、さらに水を求めて根が伸びての繰り返しがこれほどの根を伸ばしたと考えられます。



こんな状態でも、バルブはしっかりと太っています。
乾きやすいからといってやせ細ってはいません。



むしろ水を求めて伸びた大量の根がわずかな水も逃さずすべて吸収している証拠ですね。

野生のデンドロビュームが枯れ木に大量の根を張り巡らせて着生しているのと同様ですね。
鉢に収まっていないと心配な方はこれを見れば少しは安心できるのではないでしょうか。

根張り、根の量がランにとって如何に重要かを教えてくれているようです。

秋も本格的になって来ましたが、皆さんのデンドロの鉢の中の様子はいかがですか。綺麗な白い根がたくさんありますか?




2012/09/21

タイ農場へ親株を供給

山本デンドロビューム園では、ほぼ毎月、タイの農場にフラスコで親株(マザープランツ)を供給しています。
今日もこのように、来週に控えたタイ農場へフラスコ輸出のための荷造りを行いました。



この親株(マザープランツ)をもとに、メリクロン増殖法により、短期間で親と同じ性質を持った個体のデンドロビュームの苗を大量に増殖をしています。
今では交配、育種など品種改良に関わる部分は全て日本国内で行い、増殖に関する部分の大半はタイのバイオ農場で行われます。



ここで大量に増殖される苗は海外の営利生産者向けの品種が殆どです。
日本で趣味家向けに販売されるような品種は含まれていません。






増殖、生産された苗はそこから直接ヨーロッパ、アメリカ、中国など生産者のもとに届けられます。



2012/09/19

ブリリアントスマイル‘ヒロミ’ 

Den.Brilliant Smile 'Hiromi'  

(Den.Wave King x Den.Super Chance)  2004年 J.Yamamoto RHS登録

ブリリアントスマイル‘ヒロミ’ 

Den.Brilliant Smile 'Hiromi'

上品な乳白色の花弁に鮮やかな山吹色の目が入る大輪の整型花。
生育も旺盛で育て易い。


Den.Brilliant Smile 'Hiromi'

東京ドームのラン展においてブロンズメダル受賞。


Den.Brilliant Smile 'Hiromi'

受注生産品種です。営利生産品種として国内生産者向けにもご予約を承っています



お問い合せは info@dendrobium.net  まで。


2012/09/18

台風通過後

台風16号の通過に伴い、17日夕方から今朝にかけて岡山市は雨が激しく降り続きました。

直接の影響はありませんでしたが、強風域にかかっていたため、昨日は市内でも終日激しい風にみまわれました。

心配されるのは、県北や鳥取の山間部へ山上げ中のデンドロやパイプハウスです。


というわけで、山あげを兼ねて見回りをしてきました。

岡山県鏡野町上齋原にある恩原高原の山上げ場です。



道路側からは一見大丈夫そうに見えましたが、中から見上げると大きな穴です。
風で遮光ネットが煽られパイプの金具に引っかかったために、ネットが裂けてしまったようです。


幸い、天気は曇り空のため葉焼けの心配はありませんが、放って置くと直射光線で葉を痛める心配があります。

用意した別の遮光ネットで補修します。



作業をしていると、ハウス脇の牧場から牛が現れました。
昨年まで柵があったのですがなぜか取り払われ、アスファルトの道路を牛が自由に闊歩しています。



ここでの作業を完了し、次に向かうのは鳥取県の扇の山です。
台風の進路から随分離れており、それほど心配していなかったこの場所もやはり遮光ネットの補修が必要でした。

 



台風の通過で一番心配されるのは、上陸、直撃であれば、パイプハウスの倒壊や植物の転倒、破損など物理的な被害ですが、仮に台風の進路より外れていても今回のように遮光ネット、ビニールになんらかの被害が出ることが考えられます。

万一強風で遮光ネットが飛ばされた後、台風一過でよく晴れた場合は葉焼けや高温障害を起こすことも心配されます。

今回は植物はもちろん、ハウスに特に被害もなくホッとしましたが、この時期は台風が発生するたびに、その進路が気になって気象情報から目が離せません。



2012/09/08

山上げに来ています

鳥取県にある扇の山にある圃場に来ています。



今日で既に4回目の山あげです。
鳥取の圃場に立てたハウスはほぼいっぱいになりました。




まだ置き場所に多少の余裕がありますが、時期的に限度があります。
というのも、標高が高いことを利用した低温管理栽培でありますが、その分気温の下がり方が平地以上に急激です。
突然の雪の予報で、この地での低温の回数が足りないまま岡山に持ち帰ることがあっては意味がありません。10月になればいつ雪が降ってもおかしくない地域なのです。



山上げ栽培を行う鉢は、このように十分に成熟したバルブを持つ鉢のみです。
未熟なバルブはいくら寒さに当てても花は咲きません。 
これはご自宅で、秋に戸外にそのままおいておくか、早めに室内に取り込むかの判断をする際にも重要なポイントです。

 

今朝は天気が悪かったため、最低気温は14度でした。
低温としてカウントするには微妙な温度です。




近年、目立つのがイノシシが掘り起こした大きな穴です。圃場の周囲のあちこちにあります。
恐らく食べ物がないのでしょう。
デンドロはまだイノシシに食べられる被害はありませんが、去年は鹿に食べられました。
味を占められると、心配のタネが増えてしまいます。岡山から車で4時間も離れたこの場所で常駐して見張るわけにもいきませんので。



このあとは岡山県北の恩原高原、赤和瀬と順次、山上げを行なっていきます。

2012/09/05

商品情報(2012/09/05)

 山本デンドロビューム園鉢物shopからのお知らせです。


商品情報です。

いずれも数に限りがございますので、お早めに。







ちょっと訳ありの鉢、奉仕品



通常の販売サイズを大きく超える規格外の商品を格安でご提供します。 
いずれの鉢も60センチから70センチ前後の株立ちの良い大株です。
とにかく大きいので、置き場所に困らない方にオススメです。 
中には植え替えの必要があるものもあるかもしれません。 初心者の方よりは、多少栽培のコツを掴んでおられる方のほうが良いように思います。




 スパニッシュモス(ウスネオイデス)


スパニッシュモス(ウスネオイデス)
 
人気のスパニッシュモス、少量ですが販売再開しています。
一度に何口もご購入なさる方がいらっしゃいますが、できるだけ多くの方にご購入いただけるよう、 お一人様1口でご注文いただけると助かります。






デンドロ購入者の方で希望者に無料進呈中
希望者に多肉植物をプレゼント キンチョウ(錦蝶) カランコエ・デラゴネンシス  


 
キンチョウ(錦蝶)(カランコエ・デラゴネンシス)
多肉植物の仲間です。茎には独特の模様が入ります。そして、葉の先端には不定芽をつけ、気根を垂らし、どんどん増えて勝手に増殖します。弊社の温室でもあちこちに飛び散って増えています。高さ1mくらいになり、茎頂から花茎が伸び、朱紅色の花が咲きます。





この不定芽を素焼き鉢に集めて活着させたものをデンドロ購入者の方で欲しい方に無料で差し上げます。数に限りがありますので、在庫無しの場合はご容赦ください。購入金額は問いません。

数に限りがありますので、在庫無しの場合はご容赦ください。



以上、よろしくお願いします。
お問い合せは info@dendrobium.net  まで。