2012/09/21

タイ農場へ親株を供給

山本デンドロビューム園では、ほぼ毎月、タイの農場にフラスコで親株(マザープランツ)を供給しています。
今日もこのように、来週に控えたタイ農場へフラスコ輸出のための荷造りを行いました。



この親株(マザープランツ)をもとに、メリクロン増殖法により、短期間で親と同じ性質を持った個体のデンドロビュームの苗を大量に増殖をしています。
今では交配、育種など品種改良に関わる部分は全て日本国内で行い、増殖に関する部分の大半はタイのバイオ農場で行われます。



ここで大量に増殖される苗は海外の営利生産者向けの品種が殆どです。
日本で趣味家向けに販売されるような品種は含まれていません。






増殖、生産された苗はそこから直接ヨーロッパ、アメリカ、中国など生産者のもとに届けられます。



0 件のコメント:

コメントを投稿