2012/05/11

大事に育てれば

年配の趣味者の方が古いデンドロの高芽を送ってくれました。





大昔の品種でゴールデンブロッサム‘サンセット’と言います。
AM/AOSにも入賞している銘花です。
普通郵便で送られてきたので、花は少しくたびれていますが、黄色の大輪花であることが十分わかります。しかも1節に4輪も着花しています。




ゴールデンブロッサム‘サンセット’は1971年に登録されました。
http://apps.rhs.org.uk/horticulturaldatabase/orchidregister/orchiddetails.asp?ID=73915

この方、発売後すぐに弊社のカタログで購入されたそうですから、かれこれ40年近く大事に育てていただいていることになります。

70年代のカタログを見ますと、ゴールデンブロッサム‘サンセット’の苗は40年前の価格で、優良小苗が4.000円、1作開花株が8.000円です。
当時としては、ずいぶん高価な苗であったことがわかります。

高かったのでとても大切にしていたと、ご自分で仰っておられたので、それも十分頷けます。

当時のカタログをスキャンしました




お客様から育て方の質問をいただいた折に、
「うまく育てられるようになれば、その株と何十年も付き合うことになりますよ。」
といつも申し上げているのですが、まさにそのお手本のような方でした。


実際にひとつの品種を40年もの間、保持していくことは非常に難しいことだと思います。
大切に育ててもらえて本当に嬉しく思いました。

本当にありがとうございます。


 

0 件のコメント:

コメントを投稿