2012/05/02

成熟した鞘

画像が何か分かりますか?

こちらのブログでも何度か紹介しているデンドロビュームの種です。


大きく膨らんだ鞘は正確には、成熟した子房部分であり、デンドロビュームの種はこの子房の中に入っています。
人工交配によって得られた種の場合は通常、半年ほどで子房がまだ緑色をした状態の時に取り出し、寒天培地に播種します。



デンドロビュームの播種http://yamamotodendrobiums.blogspot.jp/2010/09/blog-post_23.html


ところが、自然界ではこのように約1年ほどかけて成熟して、飴色に色付いてくると鞘が破裂して種がばら撒かれます。


で、この色づいてきた鞘ですが、よく見ると表面に亀裂が入り、今にも中身が出そうな様子です。

更にクローズアップして見ましょう。





このまま観察を続けて、鞘が避けて種がこぼれ落ちる様子、中に入っているデンドロビュームの種がどんなものかを紹介したいと思います。



0 件のコメント:

コメントを投稿