2013/05/18

タイ農場へ向かう途中で

「今日はいつもとデザインの違う機体が止まっています。これに乗ることになると思います。」

とはタイ農場へ向かうため関西国際空港で出発を待つ社長からのメールでした。

一見、どこの航空会社かわかりませんね。


調べてみると、2010年にタイ国際航空が就航50周年を迎えたことを記念して、就航当時の機体と同じ塗装を施した復刻塗装機でした。結構レアな機体なのでしょうか、あるいは路線が限定されているのか、毎月タイへ往復していたにもかかわらずこの機体に搭乗する機会がなかったようです。

見慣れた紫を基調のイメージカラーも良いですが、が復刻塗装機も何だか新鮮な感じがしますね。


さて、山本デンドロビューム園では毎月、タイの農場にフラスコで親株(マザープランツ)を供給しています。
今回も写真のように、箱詰めされたフラスコは植物検疫を受けて山本デンドロビューム園タイ農場へ送り届けられるのです。











この親株(マザープランツ)をもとに、親の花と同じ性質を持った個体のデンドロビュームの苗を大量に増殖をしています。
今では交配、育種など品種改良に関わる部分は全て日本国内で行い、増殖に関する部分の大半はタイのバイオ農場で行われます。



ここで大量に増殖される苗は海外の営利生産者向けの品種が殆どです。増殖、生産された苗は直接ヨーロッパ、アメリカ、中国など生産者のもとに届けられます。


0 件のコメント:

コメントを投稿