2010/11/19

播種から8週間後の様子

デンドロビュームの播種から8週間経ちました。

11月5日の投稿では播種から6週間経ったフラスコの様子を紹介しました。

これがその時の画像です。
鮮やかな緑色がはっきりと出て、生き生きしてきた様子を紹介しました。
前回投稿の播種後6週間たった様子

それからさらに2週間たった様子をご覧ください。
播種後からは8週間経過しています。


播種後8週間たった様子

またさらに生長したのがわかります。ボリュームが増しています。

大きいものは10ミリ程度に生長しています

ある程度生長してくると密集してスペースがなくなり,培地の養分もなくなってきます。
特に播種直後に発芽したフラスコ苗は密集して窮屈です。根が長く伸びて絡み合っていない状態の時に、新たな培地へ植えなおしてやる必要があります。



新しい培地へ植え付けます


一定の間隔を保って移植してやります。
細かい作業で大変神経を使います。
播種したフラスコの数を考えると今後の作業は気が遠くなりそうです。




今後も生育の様子を継続して観察していきます。






趣味栽培の方にとってはデンドロビュームに限らず洋ランの発芽の様子や種子からの生育の様子を見る機会は殆ど無いと思います。
このブログではそのような育種の現場もみなさまに色々とご紹介していきたいと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿