2012/06/13

梅雨とデンドロビューム

本格的な梅雨の季節を迎えました。
戸外に出したデンドロビュームは雨に打たれても平気です。
今は生育の最盛期です。



新鮮な空気を好むデンドロビュームのとっては、梅雨の雨に当たることは鉢の中の古い水や肥料分を含み塩類濃度の高くなった植え込み材料を洗い流してくれ、新鮮な空気を含んだ水を取り込む絶好のチャンスなのです。





そして、それは根の生育を促進して非常に良い結果をもたらします。
新しい根がグングン伸びるのを実感できるでしょう。


デンドロビュームの原産地のインドやミャンマー、タイにおいてもその生育期はこの地域に雨季をもたらすモンスーンの時期に重なり、やはり生育の最も旺盛な時期なのです。





しかし、何日も休みなく降り続き、鉢の中が乾く暇もないほどの長雨である場合は、植え替え直後の株や既に根痛みを起こしているような株にとっては、とても負担になります。

 更に、長期間の多湿状態が続くことは斑点病など葉に病気をもたらす心配もあります。

株の状況によっては、軒下に入れるなどの雨避けの対応も忘れずに。



以下のページでは梅雨時の栽培管理についてまとめています。
デンドロビュームの栽培にお役立てください。

梅雨時の注意
http://yamamotodendrobiums.blogspot.jp/2012/06/blog-post_08.html


0 件のコメント:

コメントを投稿