2011/04/06

バニラの花

先月、政津農場のバニラの木を紹介しました。
学名 Vanilla planifolia


もうすぐ咲きそうな蕾の写真も掲載しましたが、今週の初めころから、少しづつ開花を始めています。

Vanilla planifolia




房状についた蕾は下の方から順番に開花してきます。


Vanilla planifolia



一つの房についた蕾は20から30個程度で、毎日1リン、または1日おきに1リンというペースで開花してきます。バニラの花には香りがありません。


Vanilla planifolia




セパルはほぼ開きましたが左右のペタルがまだ完全に開いていません。

Vanilla planifolia


薄いグリーンの綺麗な花です。
ラン科バニラ属、こうして見ると確かにランの花ですね。

花の寿命は短く、午前中に咲いてお昼にはもう枯れてしまいます。
うっかり見逃すと花が終わっていたりします。
そのため、年に一度、短い期間に見られるバニラの開花がとても楽しみでもあります。

Vanilla planifolia





観葉植物として流通しているようですが、一般の家庭で育てるのは大変そうです。
花を見るまでに何年もかかる上(ここでは7年目からやっと開花)、温度も少し必要のようですね。

Vanilla planifolia



政津農場では高さ4メートル、横幅4メートル程に育っています。

Vanilla planifolia



0 件のコメント:

コメントを投稿