2011/08/08

栽培温室の様子20110808

8月の栽培温室の様子です。




いつも月の初めに育苗温室である政津農場の様子を紹介しています。
先月の様子はコチラ
http://yamamotodendrobiums.blogspot.com/2011/07/20110707.html



5月から始まった寄植えの作業も半分以上を終え、鉢物製品用のハウス約800坪の中は見渡すかぎり、陶器鉢に植えられた大きな鉢物で埋まっています。


サイズ別に整然と並べられたデンドロビューム



品種ごとにグループ分けされています




8号鉢が整然と並ぶ様子




ケースに収まった6.5号鉢




10号鉢が並ぶ棚



ハウスに収まり切らないものは戸外の簡易ハウスにも。
夏の間は風通しもよく、むしろハウス内よりも快適なはずです。

遮光ネットのみの簡易なパイプハウス




さらに棚が足りないために即席で置き場所を作ります。

置き場所が足りずやむなく設置



今年は昨年ほどの猛暑ではなく、デンドロビュームにとっては比較的快適な夏となっているようです。
もちろん、気を抜けば、高温障害や葉焼けを起こす可能性はありますし、今後の気温の推移も当然注視する必要があります。

8月6日のブログで紹介したように、まもなく山上げが本格的に始まり、これらの鉢物の中からも山上げ栽培されて、年末に開花させられるものもあります。




実際の山上げ作業風景はまたこちらのブログでご紹介したいと思います。






0 件のコメント:

コメントを投稿