2012/05/31

カタログと違う?

お客様から、カタログと違う花が咲いたので交換して欲しいと写真を添えて、お手紙をいただきました。
写真を拝見しますと、品種は間違いないのですが、すぐに気がつくことがありました。
ちなみに品種はオリエンタルスマイル‘ファンタジー’ 。
花色がオリジナルに比べてとても薄いのです。



開花直後ということで満開でないことも理由として考えられますが、やはりこの時期ですから気温が高いこと、光線が強すぎることが原因ではないかと考えました。
肥料成分の過多、欠乏も花色に影響しますが、この時期、夜温も高く、日中の高温、強光線下で咲く花はいい色で咲いてくれません。




問い合わせの品種とは異なりますが、今の時期の花が実際にどう違うのか比較のために今日、栽培場で咲いているデンドロビュームの花を見つけて撮影してみました。
本来の花色と比べてください。

まずは、ロイヤルスマイル‘ロイヤルスマイル’ 
上がオリジナルの花色で、下が今日栽培場で開花していた花です。 



 花弁の色が薄く、花型もいまいちです。




こちらは、ラッキーハート
同じく、上がオリジナルの花色で、下が今日栽培場で開花していた花です。 
ラッキーハートにいたっては、リップも小さくまるで別の品種にしか見えません。
蕾が十分に大きくならないうちに開いてしまったのが原因でしょう。





このように開花時の高温や強光線は花色に大きく影響します。
しかもこの時期に咲くということは、開花に要する日数も短く、低温でじっくりと時間をかけて開花させることが出来ないので、余計に色褪せた感じになるのです。

以下は昨年の投稿ですが、温度環境が花色に与える影響についてカントリーガール‘ワラベウタ’を実際に開花比較して記載しています。


この時期に良い色で花を咲かせるのは難しいですね。
お客様には、品種に間違いがないこと、色が薄くなった原因についてご説明し、ご理解いただきました。



0 件のコメント:

コメントを投稿