2011/12/19

スタジオは温室の中


開花温室の片隅では発送を控えた商品を利用して、サンプル写真を撮影しています。

スタジオなど立派な設備ははありませんので、温室内のスペースを使っての撮影になりますが、花の状態が一番良い時に即座に撮影できるためこれはこれで便利です。



デンドロビュームは開花期が限定されるうえに、品種によっても開花時期が異なります。

新品種の中にはそのシーズンの開花が僅か数鉢などという場合もあります。
開花のタイミングを逃すと写真を取る機会が一年先までありません。

そうなると来年たくさん開花予定の商品があっても、新しい花の宣伝ができないわけです。








鉢花の商品写真も他の業者様に貸し出すことを考慮し、あらゆる場面に対応できるよう多くのカットを撮影しておきます。






素材との組み合わせもいろいろ撮っておかないと、後で後悔する事が結構あります。






撮影の出番を待つデンドロたちです。






特に弊社の場合は育種が本業でありますので、交配後の初花の記録も含めると膨大な数の写真を1シーズンに撮影することになります。
もうすぐ、初花が開花するシーズンになると、よりシャッターを押す機会が増えることでしょう。

こうして撮影を終えた後には、大量の写真の整理が待っています。




0 件のコメント:

コメントを投稿