2011/03/24

バニラの木

政津農場にはバニラの木があります。

初めて見る方はその大きさに驚かれるのですが。







見上げるほどの大きさなのです。高さは4メートルくらいあります。

バニラとはあの香料のバニラのことで、アイスクリームやケーキの香りづけに使われるバニラエッセンスはこのバニラから採れる種子を発酵した物から出来ているのです。


しかも、バニラはラン科バニラ属。ランの仲間なのです。
vanilla、学名 Vanilla planifolia


詳しくはウィキペディアをご覧ください。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%8B%E3%83%A9




栽培管理自体は特に難しくなく、ここでは水と液肥をかけるだけ。
ただ、栽培には冬期に10から15度程度保つ必要があります。




この木は植えて10年程たちます。
3年前くらいから毎年花を咲かせるようになりました。それまでは一度も花を見ることはありませんでした。

昔は茎も細くて、葉も小さかったんですが、今では茎も太く、葉も大きくなりました。




葉も大きく立派です。


元々は棚下に置いた7号サイズの素焼き鉢へ植えたものが大きくなりました。つる性植物なので誘導してネットに這わせています。








いつもは5月頃に開花するのですが、今年は開花が早いようです。
すでにたくさんのつぼみが確認できます。



バニラの花の咲く頃にまた報告します。

0 件のコメント:

コメントを投稿