2011/03/26

趣味家向け品種の増殖

趣味家向けに販売させていただいているデンドロビュームの苗が、どのように増殖されているかご存じですか?
メリクロンによる大量増殖が行われていると思われている方が多い様ですが、実はほとんどが株分けや挿し木による繁殖なのです。



すべて親株から花を確認した後に挿し木にします。増殖に手間も時間もかかりますが、この手間をかけるから、趣味家の皆様に安心して苗をお届けできるのです。








趣味家向けの品種の多くは花型や色彩など、趣味性を追求した品種であり、必ずしも鉢物商品に向くわけではなく、市場での評価、一般需要が高いわけではありません。
色彩、花型に特徴がありすぎたり、バックバルブ咲きで開花に年数が必要だったりと、苗を購入する生産農家に敬遠される品種も多くあります。そのため、大量生産には向かないのです。

店頭に並び、大量に消費される一般のデンドロビュームには、作り易い品種、栽培コストが抑えられる品種(病気が出にくい、一年でよく伸びる)など、園芸作物としてのデンドロビュームが求められているからなのです。
一般の花屋、ホームセンターで見かけるデンドロビュームに趣味家の興味をひく品種が少ないのはそのためです。

弊社ではその両方の要求を満たす商品開発に力を入れて、育種を行っていかなければならないのですが、量産される品種とは明確に区別されるべき品種もやはり必要です。



研究温室では今週も色々と目を引くデンドロビュームが開花しました。
将来、皆様に喜んでいただけるデンドロビュームがこの中にあるでしょうか。



























0 件のコメント:

コメントを投稿