2011/01/25

花が終わったら(デンドロビュームの花後の管理)

「デンドロビュームの花が終わったら、どうしたらいいですか?茎は切ってもいいですか?」
春までの間、一番多くお問合せいただく内容です。


お歳暮でもらったデンドロビュームの花を年末年始に十分に楽しんで、そろそろ花が終りに近づいた家庭もあるのではないでしょうか。
リビングや暖房の乾燥した風が当たるところではもっと早く終わっているかも知れません。


少し元気がなくなってきました


デンドロビュームの花が終わった後にするべき管理、作業を簡単にまとめてみます。


花が終わりに近づくと花弁が薄くなり、花弁の表面に脈が浮いてきます。
花弁が薄くなって萎れてきたら、終わった花を取り除いてやります。

よく見ると萎れてきています

枯れて、自然に落ちるまで放っておくのも良いですが、枯れ落ちた花をそのままにしておくと、カビが生えたり、葉に付着して、腐敗し病気の発生源にもなりかねません。



葉の上で腐敗して葉自体に病気がうつります

株元で放っておくとカビが生えてきます



シーマリー‘スノーキング’などは2ヶ月以上平気で咲いているので、枯れてしまうまで鑑賞すると株が弱ってしまいます。
もしも、その後もデンドロビュームを育ててみようと思っている方は、しばらく鉢花を楽しんで、十分お部屋飾りとして堪能したと思われたら、花が見苦しく、枯れ落ちる前に取ってやることも必要です。




その際、花茎の付け根からちぎるのではなく、花だけ取り除いてやります。




間違っても株元にハサミを入れて、茎全体を切り落とさぬようお願いします。2、3年は残しておいてください。
花が咲いて終わった後はついつい茎を切りたい衝動に駆られる人が多いようですが、古い茎には新芽に養分を供給するという重要な役割があります。この働きがあるから、デンドロビュームは少量の施肥だけで育てることができるのです。

ですから、花が終わったら花だけ摘み取り、茎(バルブ)は切り取らずに、2~3年は残しておきます。
山本デンドロビューム園では、古い茎を取り除く作業自体がありません。邪魔にならなければずっと付けていても平気なのです。


古い茎には新芽を伸ばす養分が


また、花後はすぐに植え替えをしたいという方も多いようなのですが、気温も低く、まだつぎの新芽が動く時期ではありません。
まずは、これまでの花を長持ちさせるための温度の低い場所から、日当たりの良い暖かい場所へ移動してやります。そして苗としての管理に移行します。


苗と同様に明るくて温かい場所に置きます


温かい場所へ移したことで、今までよりもよく乾くようであれば、水は少し増やしてやりますが、ギフトの鉢物などは大きな陶器鉢やプラスチック鉢の通気の良くない鉢に植えられている場合が殆どです。鉢を持ち上げてみて、水の含み具合を確かめるのもよいですし、可能であれば鉢を抜いて湿り具合を確認してもよいでしょう。根の張り具合がよくわかるため、春に植替えが必要かどうかの判断もこの時に確認することができます。

この冬に入手した新しい鉢物であれば、殆どの場合、あわてて春に植替えをする必要はないでしょう。




では、実際に鉢を見てみます。


鉢の表面には根がまわっていません


こちらの鉢は表面の様子からも植え替えの必要性は感じられません。



まだヤシガラと根が湿っています

抜いてみると、まだまだ根が伸びる余裕がありますので、今年の植え替えは必要ないでしょう。根が白く健全な状態です。
まだ根も水を含んでおり、植え込み材料も中心部分は湿っています。
この状態で中途半端な水やりを続けると、なかなか乾かず、根を痛めてしまうでしょう。
よく乾いてから水をやるようにします。




外に根が溢れているように見えますが

 こちらの鉢は表面に根がよく根が回っています。
一見、相当根が張っていて、この春に植え替えが必要かと思いきや、抜いてみると、意外に根の量は多くありません。
やはり、今年の植え替えは必要ないでしょう。


鉢底にかけて根の伸びるスペースは十分あります





肥料も暖かくなるまでは必要ありません。

しばらくは寒い日が続きますので、温度に注意して、苗としての管理へ意識を切り替えて栽培を続けていきましょう。


春先に入手したデンドロビュームの場合


デンドロビュームの開花時期は11月後半から遅いものは母の日までと半年近くあります。
つまり、年末の贈答シーズンに入手した鉢花と母の日に入手した鉢花とでは生育にも半年の差が現れます。
特に春先、3月以降に入手したデンドロビュームの鉢花については、花後の育苗期間があまり確保できません。
立派な新芽を伸ばし、翌年も同じような開花を目指すことはちょっと無理であることも理解しておきましょう。

いずれにしても、花が終わった後はなるべく早く苗の管理に移行してやります。

苗の管理は以下を参考になさってください。

デンドロビュームの月別管理

http://yamamotodendrobiums.blogspot.jp/p/blog-page_20.html



0 件のコメント:

コメントを投稿