2010/09/20

タイ農場から苗が到着しました

昨日、メリクロン苗がタイ農場から日本に到着しました。





ダンボール箱がたった一つですが、この箱の中には1万本以上のデンドロビュームのメリクロン苗が収まっています。







品種ごとにパックされた苗

日本で品種改良し、選抜されたデンドロビュームの新品種はタイのバイオ農場で組織培養によって増産されます。
もとはたった一株のデンドロビュームが何百、何千本の苗となって日本に帰ってきました。



フラスコから出たばかりの若いメリクロン苗

非常に良い状態での到着です。



タイ農場の将来的な取り組みの様子は先日このブログでお知らせしたとおりですが、現在はまだこのプラスチック容器での輸送方法が主流となっています。

さらに以前は重いガラス瓶のフラスコに入った状態での輸送であったため、輸送コストが大きな問題となっていました。

そこで、現在は軽いプラスチック容器に移し替えて 輸送する方法に変更しました。これにより、苗で満たされた プラスチック容器を直接重ねて箱詰めし、輸送できるようになりました。
ガラス瓶では1本あたり25本前後の苗が入っていましたが、プラスチック容器には200~300本もの苗を詰めることができ、軽量化に加えて、ガラス瓶破損防止のクッション材も不要となり、さらに効率的な箱詰めが可能となりました。
苗1本あたりの輸送コストは1/10以下と、大幅に改善することができました。




一つのパックに約200~300本の苗が入っています。




「挿し木箱」に水苔を敷いて並べてしばらく管理できます

このままの 状態で1か月以上置いても大丈夫です乾燥すれば底面の 水苔を水につけて給水してやれば傷みも殆ど発生しません。 


プラグトレーに徐々に植え込んでいきます。

コミュニティーポットへ移植する場合もありますが、しっかりした苗は殆どがプラグトレーに植えることができます。


山本デンドロビューム園の新品種導入にに興味がある方は、お気軽にお問い合わせください。
info@dendrobium.net

0 件のコメント:

コメントを投稿