2011/11/25

梱包も冬仕様

今週は北海道、東北の日本海側や北陸地方を中心に大荒れの天気で、ニュース、天気予報でも取り上げられています。

発送予定のある札幌の天気予報を見ると月末から12月1日、2日にかけて最低気温がマイナスになっていますね。


去年はどうだったかなと思いつつ、北海道、東北地域へ向けての発送には苗の梱包を冬用のものに切り替えてやります。




断熱用のシートで通常の梱包の上から覆い、厳重にしておりますので、12月の間は気温の推移を見計らっての発送が可能です。
更に、気温に不安がある場合は箱の上からもう一枚エアパッキン(プチプチ)で覆うのですが、出荷後は運送会社任せなため確実な方法とは言えないのです。





1月、2月の厳寒期、マイナスの気温が継続するようであれば、寒冷地への苗の発送は春まで見合わさせていただくことになります。

数量限定品やオリジナル株などの場合はどうしても、手に入れたいものですが、万一、凍結等で株が駄目になった場合に代替品がご用意できません。



北海道、東北地域の方で苗のご購入を検討中の方はお早めに。
気温が心配なんだけど、いつ配達を頼めば良いか判らない、という方は遠慮なくご相談下さい。






0 件のコメント:

コメントを投稿