2011/10/22

タイの洪水被害に関して

タイで起こっている洪水の被害がバンコク中心部に拡大しそうなため、皆さんの関心が高いのでしょうか?

心配でメールを下さった方、お電話下さった方本当にありがとうございます。


マスコミ関係からの弊社への問い合わせも相次いでいます。今朝も全国紙の地方版ですが記事と弊社提供の写真と共に記事が掲載されました。










こちらはおとといの地元紙。








9月の末から発生してその後広がり続けるタイの洪水ですが、発生当初は山本デンドロビューム園の培養設備のあるチェンマイ県の被害が大きく、チェンマイだけの被害と思われました。


チェンマイでの洪水はチェンマイ市街地に集中しており、弊社タイ農場は郊外の比較的土地の高い場所にあることから、農場の設備や現地従業員への直接の被害はありませんでした。実際に洪水被害の大きかった9月の末に、弊社社長もチェンマイを訪れて無地を確認しております。

タイ、チェンマイの大洪水
http://yamamotodendrobiums.blogspot.com/2011/10/blog-post.html



日本からは常に現地と緊密に連絡を取り合い、苗の生産やフラスコの出荷への影響も全くありません。
そのチェンマイ県での洪水は10月上旬には、ほぼピークを超え、現在収束しつつあります。




現在報道のなされているバンコク北部の洪水被害は、更にバンコク中心部へ広がりつつあり、予断を許さない状況で連日報道がなされていますが、今後も弊社の農場への直接的な影響はないと思われます。

万一、弊社の業務に大きく影響が起きましたら、速やかにご報告申しあげます。

0 件のコメント:

コメントを投稿